老後のお金はどのくらい必要なの?

定年から寿命まで、何年あるのかわからないので、どのくらいお金を貯めたらいいのかわからなくて不安です。

これが、何才まで生きられるのかわかっていれば、上手にお金をやりくりできると思うのですが、それは無理ですよね。

退職金や年金をやりくりして、あんまりつつましく暮らしても、面白くないかな。

温泉にも行きたいし、おいしいものも食べたい。世界遺産も見てみたいし、友達と気のおけない旅行もしたい。

そんな老後のためにコツコツ貯金をしています。

今はただ、お金を普通預金に貯めてるだけですが、もう少し貯まってきたら金利の良い違うものに預け替えたいと思っています、

なにに預けるのがいいのか、わからないんですよね。何がいいんだろう?難しいですね。

健康にも気をつけておかないとだめですよね。健康じゃないといろんなことを楽しめないし、違った意味でお金がかかるからです。

趣味も、お金のかかる趣味とお金のかからない趣味、家でできる趣味と外での趣味、一人でできる趣味と誰かと一緒に楽しむ趣味。そんなさまざまな趣味を老後の楽しみにしたいです。

お金って、目的もなく貯めても仕方ないですよね。たとえば旅行のためと分かっていれば、旅行会社の積み立てをしてみるといいですよね。今は普通預金なんて利息がほとんどつかないから、旅行の積み立ての方が断然、利率がいいです。

これから、どんな風に生活したいかが大事なポイントですね。

旅行以外にやりたいことは・・・今は特に思いつきませんが、いくつになっても勉強していたいなとは思っています。

いろんな事を勉強するのは楽しいです。新しいことを勉強するのは刺激があって楽しいですよね。何歳からでもいくつになっても成長できると思うんですよ。まあ、成長の速度は遅くなるでしょうけど、ねっ。

でも、歳をとっても理解力は深まるようなので、年齢は必ずしもハンデにはならないですよね。自分のやる気次第かな・・

これからの人生を考えて、やりたいことのために適切な方法でお金を貯めようと思います。だって、1年後に必要なことは、1年で貯めないといけないし、10年後に必要な旅行のためには、旅行積立がお金も貯められていいですよね。それも行き先もちゃんと決めておくと、そのための語学の勉強もできます。

NHKのラジオやテレビの講座でゆっくり勉強すれば、簡単な日常会話くらいできるようになるかもしれません。

やっぱりよくよく将来のプランは立てたほうがいいですね。